花粉症軽減とメタボ対策の共通点とは?

44-post-main

冬から春に向かう季節、日本各地でこんな音がたくさん聞かれます……。 くしゅん、ずるずる、ちーん、かゆーい。 日本人の約5人に1人が患者といわれる花粉症

花粉症の仕組みは、鼻の粘膜に貼り付いた花粉に対して免疫反応が起きた結果、ヒスタミンが放出され、くしゃみ・鼻汁・鼻づまりを引き起こします。

症状を軽くするためのセルフケアは、マスクやメガネを着用して花粉をできるだけ体内に入れないことが基本。加えて、普段の生活習慣に気を配ることで免疫機能や鼻の粘膜を正常に保つことがポイントです!

そのポイント……実は結構、メタボ対策と共通点があるのです。

お鼻が砂漠になっちゃって……鼻の粘膜を正常に保つポイント

●お酒を飲み過ぎない

花粉症シーズンに飲み過ぎると、二日酔いと花粉症のダブルパンチに見舞われるかもしれません……。

●タバコを控える

周りにタバコを吸う花粉症の知り合いがいたら、この話をさりげなく伝えると、新しい禁煙のススメになるかも。

私のからだ、敏感過ぎるの……免疫機能を正常に保つポイント

44_post_img01

●睡眠を十分にとる

質の良い睡眠をとるコツは、『QUPiO』健康コラム「質の良い睡眠へ、じんわり温めて“放熱”リラックス」で詳しく!

●生活習慣を保つ(リズムをつくる)

「きちんと三食、セットで歯みがき」の習慣が、生活のリズムをつくるきっかけとしておススメです。 詳しくは『QUPiO』健康コラム「知ってる? あなたに合った歯ブラシ選び」へ!

花粉症のウソ? ホント?

Q.お茶を飲むと花粉症が和らぐというのは本当ですか? A.効果は不明……。

甜茶(てんちゃ)ポリフェノールはアレルギーで生じるヒスタミンの作用を和らげる効果があると言われますが、実際の患者さんでの効果は不明です。

Q.ヨーグルトを毎日食べています。花粉症に効くんですよね? A.効果は不明……。

腸内細菌を変化させると体内の環境がアレルギーを抑えるようになると考えられています。 しかし、ヨーグルトを毎日食べるブルガリアの人でもアレルギーの病気はありますので、花粉症を完全に治すことは難しいかもしれませんし、実際の効果の程度は不明です。

(参考:厚生労働省ホームページ)

[まとめ] 花粉症シーズンを、生活習慣を見直すチャンスに!

あわせて読みたい『QUPiO』の健康コラム

インフルエンザが流行中。対策のポイント、覚えていますか?

「エ・ス・テにマスク」で、インフルエンザ対策!

コラムを読んで「やってみよう」と思ったことは、『QUPiO』マイぺージの私の目標にメモしておきませんか?
画面右上からぜひログイン(検索)してみてください!

ログイン