肩こり体質、根本から改善してみませんか!? <後編>


監修:株式会社R-body project

アイキャッチ170622

前回の健康コラムでは、つらい肩こりの原因が “猫背姿勢” にあることをお伝えしました。

頭が前に突き出て、背骨が丸まった “猫背姿勢” では、頭の重さ(約4~7kg)を首の後ろから背中にかけての筋肉で支えることになり、その部分に負荷がかかります。それが長く続くことによって、筋肉が硬くなり、血行が滞り、肩こりの症状につながるのです。


そんな、肩こりの元凶となる “猫背姿勢” を作り出す要因が

胸の筋肉(大胸筋)が硬くなる

背中の筋肉(広背筋)が硬くなる

肩甲骨が外側に開きっぱなしになる(肩甲骨の不適切なポジション)

という状態。

つまり、これらを改善し、肩がこりにくい良い姿勢を身につけることが肩こり体質からの脱却につながると言えます。


そこで今回は、“猫背姿勢” 改善に効果的な簡単エクササイズをご紹介します!

※運動を行う際は健診結果の数値が良好かどうかを確認し、安全のためにこちらを必ずお読みください。

胸と背中の筋肉の硬さを改善しよう ―大胸筋と広背筋のストレッチ

実は、胸の筋肉(大胸筋)も背中の筋肉(広背筋)も、腕からつながっている筋肉です。そのため、腕を使ったエクササイズを行うことで、これらの筋肉を伸ばし、硬さを改善することができます。

大胸筋と後背筋

エクササイズ1:大胸筋のストレッチ

大胸筋のストレッチ

エクササイズ2:広背筋のストレッチ

広背筋のストレッチ(立った姿勢)

広背筋のストレッチ(座った姿勢)

外側に開きっぱなしの肩甲骨を改善しよう ―肩甲骨周りの筋肉を刺激する

外側に開いた肩甲骨を正しい位置に戻すためには、肩甲骨を内側に寄せる動作を行い、肩甲骨周りを刺激することが効果的です。

肩甲骨

エクササイズ3:肩甲骨周りへの刺激

肩甲骨への刺激

1セット約2分、毎日できるタイミングで!続けることが大切

ご紹介した「大胸筋のストレッチ」「広背筋のストレッチ」「肩甲骨への刺激」それぞれのエクササイズは、1セット2分程度でできます。エクササイズをするタイミングはいつでもOK!朝にご自宅で……、会社で始業前に……、休憩の時に……など、無理なく毎日できるタイミングで、ちょこちょこと頻繁に行うことを心がけてください。大切なのは、毎日継続して行うこと。続けていくうちに “猫背姿勢” の記憶が修正され、肩こり体質の予防・改善につなげていきましょう。

なお、正しい姿勢を身につけるメリットは、肩がこりにくいことだけではありません。あなたを、今よりもずっと素敵に見せてくれる効果があるのです。ちょっと考えてみてください。猫背で歩いている人よりも、シャンと背筋を伸ばして歩いている人の方が、颯爽として素敵に見えますよね!

もうじき夏がやってきます。薄着になり、良くも悪くも “姿勢” が目立つ季節です。毎日の簡単エクササイズで、「肩こりのないスッキリした毎日」だけでなく、「見た目のかっこよさ(美しさ)」も手に入れてみませんか!?

[まとめ]

肩こりの根本的な解消には、①大胸筋のストレッチ ②広背筋のストレッチ ③肩甲骨周りの筋肉への刺激 を1セットにして継続的に行い、 “猫背姿勢” を改善することが効果的

良い姿勢は、肩こり解消だけでなく、見た目のかっこよさ(美しさ)にもつながる


『QUPiO』にログインすれば、あなただけの行動計画を立てて、その成果を日々記録することができますよ!

下のボタンを押して、ぜひ『QUPiO』にログインしてください!

ログイン