焼肉屋で理想の栄養バランスを実現しようとすると……?

headder

2月9日は「2・9(肉)の日」です。

肉が大好きな『QUPiO』編集部員のYさん(45歳/男性)も、この日はよく行く焼肉屋さんで “肉の日セール” が行われるらしく、「仕事帰りに食べに行くんだ!」と嬉しそうです。

しかし、そんなYさんを見ていた同僚の編集部員は心配そうに、「焼肉は確かにおいしいけど、アブラが多いし、カロリーも高そう……。Yさん、減量中なのに大丈夫?」
Yさんは、一瞬ドキっとした表情を見せ、少し引きつった笑顔でこう答えました。

「焼肉屋で何をどのくらい食べればカロリーや栄養バランスが適切になるか、管理栄養士さんに聞いておくつもりだから、大丈夫、大丈夫!」
Yさんは、管理栄養士のところに向かいました。
(以下、YさんはY、管理栄養士は栄)

バランス良く食べようとすると、肉はたったこれだけ!?

Y「今、ちょっといいかな?」

栄「あら、Yさん、どうしたの?」

Y「実は……、今日は “肉の日” だから焼肉を食べに行こうと思っていたんだけど、同僚に『減量中だよね?』って突っ込まれちゃって(笑)。焼肉屋でカロリーとか栄養バランスを考えて食べるとしたら、何をどのくらい食べれば良いのか教えて欲しいんだ」

栄「OK!でも、これを見せたら、Yさん、ショックを受けてしまうかも……」

●焼肉屋のメニューで理想の栄養バランスを実現しようとすると……

img01

※栄養バランス=炭水化物、脂質、たんぱく質のバランス

Y「えーっ!肉の量、たったこれだけ!?いつも食べる量じゃ、完全に食べ過ぎだよ!」

栄「やっぱりショックよね……(苦笑)。ただ、焼肉屋さんでこの “理想” 通りに食べるなんて、現実的ではないと思うの。それより、“理想” に少しでも近づけるように工夫をすることが大切だと思うわ!ちょっとこれを見て」

img01

栄「これは、たんぱく質の量と脂質の量を肉の部位別に示した図よ。上に行くほどたんぱく質が多く、右に行くほど脂質が多い部位だということ。ちなみに、脂質が多いほどカロリーも高くなる傾向があるから、右に行くほどカロリーが高いとも言えるわね」

Y「ちょっと待って!僕、今まで牛タンってヘルシーな肉だと思っていたんだけど、実は高脂質・高カロリーだったんだ……!」

栄「Yさん、さっきからショックを受けっぱなしね……(笑)。そう、タンは意外と脂質の多い部位なのよ。焼肉屋さんでカロリーや栄養バランスを調整するなら、まずは脂質の少ない部位を選んで食べることがポイントになるわね。そうすれば、ある程度の量の肉を楽しむことができるわ。それともう一つ、肉以外のオーダーも工夫したいものね。肉ばかりではなく、サンチュや野菜焼きなどを頼んで栄養バランスを良くするとか、締めにビビンバや冷麺を食べたいなら肉の量は控えめにするとかね」

Y「なるほどね。ただ……野菜を一緒に頼むのはできそうだけど、正直なところ肉の量をセーブするのは自信ないなぁ……」

栄「その気持ちは分かるわ。カロリー高そうだなと思っていてもついつい食べすぎちゃうのが焼肉なのよね。だったら、思いっきり焼肉を楽しみたい時や、意に反して食べ過ぎてしまった時には、前後の食事量で調整して、帳尻を合わせるようにしましょう!でも、“しょっちゅう御馳走” はやっぱり控えてね(笑)」

[まとめ]

焼肉屋で栄養バランスを調整したいなら……
①カロリーの低い部位を選んで食べる(モモ、レバー、ハツなど)
②一緒に注文するものを工夫する(サンチュや焼き野菜など)


『QUPiO』にログインすれば、あなただけの行動計画を立てて、その成果を日々記録することができますよ!

下のボタンを押して、ぜひ『QUPiO』にログインしてください!

ログイン

[ あわせて読みたい『QUPiO』の健康コラム ]

10月10日は “ジュ~ジュ~” お好み焼きの日

お好み焼きの栄養バランス、注意したい点は?