知ってるようで意外と知らない!? 気になるAGAの話


headder

“AGA(エージーエー)” という言葉をご存じですか? テレビCMなどの影響もあり、皆さんも一度は聞いたことがあるかもしれませんね。
AGAとは男性に特有な脱毛症のことで、日本人男性では10人に3人が発症するといわれているそうです1)
目につきやすい部位だけに、増えると気になる抜け毛……。なぜ、男性に発症しやすいの?何かできることはないの……?

今回の『QUPiO』健康コラムは、知っているようで意外と知らない!? AGAについて、お伝えしたいと思います!

AGA発症の仕組みとは?

AGA(Androgenetic Alopecia)とは男性型脱毛症のことで、20代後半から30代にかけて顕著に現れ、その後、徐々に進行していきます。AGAの発症には、男性ホルモンが関わっています。男性ホルモンの一種である“テストステロン”(参考:男もつらいよ……更年期!?に、5αリダクターゼという酵素が結びついた “ジヒドロテストステロン(DHT)” という物質がAGAを引き起こす1)ことが近年分かってきたのです。

img01

テストステロンが毛髪を太くしたり、毛髪のハリやコシを出す働きをする一方で、ジヒドロテストステロンは1本の毛髪が成長を始めてから抜け落ちるまでの周期、いわゆる“ヘアサイクル”を短くする作用があるといわれています。

img02

【豆知識】女性型脱毛症
AGAが男性型脱毛症であるのに対し、FAGA(Female Androgenetic Alopecia)と呼ばれる女性型脱毛症もあります。FAGAは、頭頂部の比較的広範囲の毛髪が薄くなるのが特徴です。毛髪が抜ける仕組みは、男性同様、ヘアサイクルが短くなることによるものです。これは女性ホルモンの分泌量の低下によるものと考えられており、更年期に多く発症するといわれています1)

男性の毛髪を脅かすジヒドロテストステロンですが、その分泌はなぜ増えてしまうのでしょうか。
ジヒドロテストステロンは、テストステロンよりも強力な男性ホルモンであると思ってください。テストステロンは、加齢とともに分泌量が減っていきます。しかし、“元気ホルモン” ともいわれるテストステロンが減少すれば、カラダの機能維持にも影響を及ぼしてしまいます。そこで大切な役割を果たすのが、そう、ジヒドロテストステロンです。男性のカラダは、テストステロンの減少を補うために強力なパワーを持つジヒドロテストステロンを合成しようとするのです!毛髪にとっては厄介者のジヒドロテストステロンですが、カラダにとってはなくてはならないもの。加齢とともに毛髪が抜けることは、自然なことともいえるのです。……とはいっても、やはり見た目は気になるものですよね。何か自分でできる対策はないのでしょうか。

注目の成分 “イソフラボン”

前述のとおり、ジヒドロテストステロンは、テストステロンに5αリダクターゼが結びついて作られます。ということは、もしもテストステロンと5αリダクターゼが結びつかないようにできれば、AGAの原因物質となるジヒドロテストステロンの合成を抑えることができるということです。そこで、注目したいのが “イソフラボン” という成分です。最近の研究で、イソフラボンにはテストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害する作用があることが分かってきました2)。イソフラボンは大豆に多く含まれている成分です。納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品を日々の食事に取り入れてみるのもよいかもしれませんね。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をしているため、更年期障害など女性ホルモンが関係する症状への効果も期待できるといわれており、AGAが気になる男性だけでなく、女性にもおススメの成分です。

なお、2012年に行われた「第16回ヨーロッパ毛髪研究学会」では、肥満(BMI25以上)でAGAの発症が増えるという研究結果が報告されています。イソフラボンの効果に期待しつつも食べ過ぎないように、体重管理も心掛けたいものですね。とはいえ、お悩みの方は、医師への相談も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。最近ではAGA専門の外来も増えているので、気軽に相談することもできますよ。

※脱毛の原因は膠原病などの全身性疾患によるものの可能性もあります。気になる方は医療機関にご相談ください。
また、治療中の方で、医師から食事内容など生活上の指示を受けている場合は、そちらに従ってください。

[まとめ]

AGA(男性型脱毛症)の原因物質は男性ホルモンのジヒドロテストステロン

ジヒドロテストステロンの合成を阻害する注目成分 “イソフラボン” を日々の食事に取り入れてみて

気になる方は医師への相談も選択肢に

《本コラムの参考・引用文献》

1)男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン作成委員会 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版 日皮会誌:127(13),2763-2777,2017

2)国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ 血中イソフラボン濃度と前立腺がん罹患との関連について


『QUPiO』にログインすれば、あなただけの行動計画を立てて、その成果を日々記録することができますよ!

下のボタンを押して、ぜひ『QUPiO』にログインしてください!

ログイン

[ あわせて読みたい『QUPiO』の健康コラム ]

歯を失う原因にもなる歯周病、その影響は口の中だけではない……!?

歯周病で○○のリスクが2.8倍に!?