知れば納得!血糖値と食べ方の関係


pixta_26855265_S

ある日のこと。 『QUPiO』編集部のWさんが、同僚の管理栄養士に話しかけてきました。 Wさんは、健康診断の結果で血糖値が高めだったことが気になっていました。 (以下、編集部員はW、管理栄養士は栄)

W「ちょっと分からないことがあるんだ」

「Wさん、どうしたの?」

W「この間、ドラッグストアに買い物に行ったときに目についたトクホ*商品に、 “糖の吸収を穏やかにするので、血糖値が気になる方に適している” というようなことが書いてあって……。糖の吸収を穏やかにすることが、なぜ血糖値に良いの?」

「とても良いところに気がついたわね! その答えは、血糖値の調節メカニズムを知ると、理解しやすいわよ」

W「ちょっと難しそうだけど……詳しく教えてよ!」

「OK! 今日は私たちのカラダの中で血糖値がどう調節されているのか、徹底解説しちゃうわね!」

* トクホ:「特定保健用食品」の通称。健康に対してどのような機能をもっているかを具体的に表示することを消費者庁が許可した食品

インスリンが血糖調節のカギ!

「血糖とは血液中のブドウ糖のことを言うのよ。Wさん、ご飯や麺類、パンなどに多く含まれる栄養素を知っている?」

W「炭水化物……かな?」

「正解!よ」

Print
Print
Print
Print
Print

通常の血糖調節メカニズム

「図の “通常の血糖調節メカニズム” に沿って説明すると……食事から摂った炭水化物は、カラダの中でブドウ糖にまで分解されて小腸で吸収(STEP1)された後、血液にのって全身に運ばれるのよ(STEP2)。血液中の糖(血糖)は、多すぎても少なすぎても良くないから、常に一定の量に保たれるように調節されているの。その調節に欠かせないのが、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンよ(STEP3)。インスリンは、血液中に増えすぎた糖を肝臓や筋肉などの細胞に取り込むことで血糖値を調節(STEP4)しているの」

W「糖が別の場所に保管されるから、血液の中の糖が減るんだね」

「そういうこと!」

血糖値が急上昇するとき…

「次に、図の “血糖値が急上昇するとき…” を見てみて。①甘いものを食べる②食事を抜く(欠食後の食事)③一度にドカっと食べる④炭水化物に偏った食事をする などの食べ方をすると、糖が小腸で急速に吸収されるから(STEP1)、血糖値を急激に上げてしまうの(STEP2)。すると、急激に増えた血糖を急いで減らすために、すい臓はインスリンをたくさん分泌しなければいけなくなるのよ(STEP3)。血糖値の急上昇がたまに起こるくらいなら、すい臓もその都度対応できるけど、血糖値の急上昇が頻繁に起こると、すい臓はフル稼働しないといけなくなるわ」

W「そうなのかぁ。次から次に降ってくる仕事……っていうイメージかなぁ」

「そうね。私たちだって、そんな状態だったら仕事のパフォーマンスも落ちてしまうでしょ。すい臓も、疲れてインスリンをうまく分泌できなくなってしまうのよ。細胞に糖を取り込むのもうまくいかなくなるわ(STEP4)

W「どんな食べ方をするかによって、結果が変わるっていうことだね……」

「その通り。Wさんが見かけたようなトクホ商品には糖の吸収を穏やかにする成分が含まれていて、食事と一緒に摂ると血糖値の急上昇を抑えるほうに働くのよ」

W「だから、血糖値が気になる人に適している……というわけか」

カラダの中の状態を知る手掛かりは……

血糖値の高い状態が続くと、その程度によっては糖尿病と診断されてしまうのよ」

W「糖尿病は怖い病気だってよく聞くよね……」

「そうなのよ。糖尿病がなぜ怖いのかについては、また別の機会にお話しするわね」

W「実は、たまに朝食を抜いたり、昼食を大盛りにしちゃったりすることがあるんだけど、ぼくのすい臓は大丈夫なんだろうか……」

カラダの中の状態は、健康診断の結果が教えてくれるわよ! “空腹時血糖” “HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)” の値が基準値と比べてどうか、チェックしてみて。結果の見方は、健康コラム 血糖の検査、お医者さんは何を判断しているの?を参考にしてね。」

W「対策としては、何に気をつければいいの?」

「そうね。血糖値の急上昇を起こす食べ方の “逆” って考えると分かりやすいかも」

W「“甘いもの” 、“食事を抜く” 、 “一度にドカっと食べる” 、 “炭水化物に偏った食事” の逆……。そうか、甘いものはほどほどにすること食事を抜かないようにすること食べすぎないようにすること偏りなく食べることだね!?」

「ご名答! 食事を抜くと、空腹から次の食事をドカっと食べてしまうことにつながりやすいわ。Wさんも、食事を抜かないようにすれば、食事の量を適量にしていけると思うわ」

W「そうだね。今日から意識するよ!」

「素晴らしいわ! “血糖値の急上昇を防ぐ食べ方三カ条” を参考に、少しずつ調整してみてね。改善のための取り組みは、早ければ早いほどオススメよ!」

0323

[まとめ]

食事によって上がった血糖値は、すい臓から分泌されるインスリンの作用で下げられる。しかし、血糖値を急上昇させる食べ方(甘いもの、欠食、一度にドカッと食べる、炭水化物に偏った食事など)は、すい臓を疲れさせ、インスリン分泌不足を引き起こす原因に。日頃から、血糖値の急上昇を防ぐ食べ方を意識しよう!

『QUPiO』にログインすれば、あなただけの行動計画を立てて、その成果を日々記録することができますよ!

[ あわせて読みたい『QUPiO』の健康コラム ]

・健康診断で血糖値が高めだったあなた、早めの対策がオススメです!

血糖値対策は待ったなし、負の遺産が引き起こすメタボリックメモリー!?

下のボタンを押して、ぜひ『QUPiO』にログインしてください!

ログイン