生活改善、どのくらい続ければカラダは変わる?


pixta_16072535_M

先日、『QUPiO』編集部のHさんのところに、今年度の健診の申込書が届きました。

それを見たHさんの表情は、さわやかな春の陽気とは裏腹に、曇っていました。


健診は、自分のカラダの状態を知り、自分のカラダと向き合うためのもの。

いわば “自分のカラダへのメッセージ” です。

でも、Hさんは、とてもそんなふうに考えることはできませんでした。


「去年は基準値を超えている項目があったんだよな……。

保健師さんは『普段のカラダの状態を知ることが大事』って言っていたけど

良くない結果をもらって嬉しい人なんていないよ……。

今年はひっかかりたくないから、健診に向けて対策をしよう」


今年の健診で良い結果を出したいHさんは、

生活改善に取り組む期間を踏まえて、健診を予約することにしました。


「でも……カラダが変わる(健診結果が改善する)までに、どのくらいかかるのかな?」


Hさんは、同僚の保健師の元に向かいました。

(以下、HさんはH、保健師は保)

目安となる改善期間は “3か月”

H「ちょっと相談があるんだけど……」

「浮かない顔をして、どうしたの?」

H「健診の申込書が届いたんだ。今年は引っかかりたくないから、対策をしてから受診しようと思っているんだけど……今から取り組み始めたら、どのくらいでカラダは変わるのかな?」

「 “取り組もう” と思ったその時にすぐ始めることって、とても素晴らしいと思うわ! でも、対策をして受けたら、Hさんの普段のカラダの状態を知ることができないわよ?」

H「それは分かっているんだけどさ……基準値を超える項目があると、成績が悪かったみたいで落ち込むんだよね……。」

「何とかしたい気持ちは分かるけど、効果の出方には個人差もあるから、『どのくらいの期間取り組めば変わる』とは言い切れないし、やっぱり健診のために取り組むことが良いとは言えないな……」

H「はぁ……」

「でも、生活習慣改善に3か月くらい取り組めば、ある程度カラダが良くなることが期待できるのよ(※)。それに、そのくらい続けられれば、健診の後も取り組んだことを習慣化しやすいわ。Hさんも、今から取り組み始めるなら、3か月後くらいに健診を予約したらどうかしら」

H「3か月か……。カラダが変わるのには、けっこう時間がかかるんだな(苦笑)」

「“健康づくりは一日にしてならず” よ!」


医療機関では、生活習慣病が疑われる人に対していきなり薬を出すのではなく、まずは一定期間の生活習慣改善によるカラダの変化を確認した上で、薬を出すかどうかを決めることがあります。その “一定期間” の長さとして、多くの学会が ”3か月” とガイドラインで示しています。

取り組み始めるなら、まずは生活習慣のふりかえりから

「ところで、どんなことに取り組むつもりなの?」

H「実は、まだ決めていないんだ」

「それなら、まずはこのチェック表を使って普段の生活習慣をふりかえることから始めてみましょう!当てはまる項目があったら、オススメの行動計画例を参考に、取り組むことを考えてみてね。」


思い当たる生活習慣があるかチェックしてみましょう オススメの行動計画(例)
間食 間食をすることが多い

・菓子パンを減らす

・間食の回数を減らす

食べる量 食事を満腹になるまで食べる

・ごはんやおかずのおかわりをしない

・炭水化物の重ね食べ(例:麺類とごはんを一緒に食べる)をしない

飲酒 お酒をよく飲む

・お酒を飲まない曜日を決める

・はしご酒をしない

外食 よく外食をする(コンビニ等を含む)

・外食の回数を減らす

・食べる物を選ぶ時、カロリー表示を確認する

カラダを動かす カラダを動かす機会が少ない

・歩数を今より1,000歩(約10分)増やす

・歩ける距離は車やバスを使わない

食べ方 夕食の時間が遅くなることが多い

・夕方に軽い食事を摂り、その分遅い時間に食べる量を減らす

塩気の強い食べ物が好き

・漬物・佃煮・塩辛を減らす

その他 タバコを吸う

・禁煙する

体重を量る習慣がない

・毎日体重を量り、記録する


「この行動計画例は、実際に健康支援に携わっている保健師・管理栄養士がオススメしているものなのよ!」

H「それは心強いね! ところで、この表の行動計画は、どの健診項目に効果があるの?」

「それは、『QUPiO』にログインするとわかるわよ!『QUPiO』は、改善したい健診項目に合った行動計画を提示してくれるの。取り組む期間も設定できるから、3か月後を目標に “健康宣言” してみるのも良いかもね!」

H「いいね! 早速ログインしてみるよ! 健診に向けて今日から頑張るぞ!」

「健診の申込書が、健康づくりを始める良いきっかけになりそうね! でもHさん、これだけは忘れないで。健診で良い結果を出すことが “ゴール” ではないわ。 “健診に向けて” も頑張って欲しいけど、健診の後もカラダが良い状態を維持できるように健康づくりを続けていくことが大切よ!」

H「はい! 心して取り組みます!」

通院中の方は、取り組む内容について主治医にご相談ください。また、『QUPiO』で「要受診」の判定がある方は、すぐに受診をしてください。


Print

[まとめ]

生活改善によってカラダが変わってくる目安は “3か月” 。健診をきっかけに、あなたも今日から取り組みを始めてみませんか?

『QUPiO』にログインすれば、あなただけの目標(行動計画)を立てて、その成果を日々記録することができます!

下のボタンを押して、ぜひ『QUPiO』にログインしてください!

ログイン

[ あわせて読みたい『QUPiO』の健康コラム ]

・せっかく頑張って取り組んでも、健診前に食事をしたら台無しに……

空腹で健診を受けるのはなぜ?